タグ:役立ち情報 ( 26 ) タグの人気記事

効率のいいオート狩セッティング(槍武功編)

アクションの大きな槍武功なので狩の効率を上げるのに苦心しています。現在の槍武功のオート狩セッティングの例をご紹介しましょう。まだ最適かどうかは確信が持てませんが、ある程度はいけていると思います。;;

セッティングの設定アイデアを説明すると、10の範囲武功は先制攻撃(ちょっかいのようなもの)と残ったMOBのトドメの役目、60の範囲武功2連発がメインで、75の範囲武功は第二波のメイン攻撃です。40の範囲武功はあまり評価していないというか、おまけ程度に扱っています。

武人用オート狩セッティング
c0164916_11552895.jpg

(注)60武功をメインにした配置です。上段右端の武功はタイミングをとるために配置しています。

名医用オート狩セッテイング・・・75武功のない状態で、低LVでの毒攻撃に向いています。
c0164916_11553696.jpg

(注)最後に単一武功を入れていますが、これはまず使われないと思います。武功攻撃力が4342しかない松永弾正(LV68)ですが、曲水で60分間にMOBを600匹は倒します。

75武功が入れば、こうなるかな。
c0164916_11554538.jpg

[PR]

by AUelderman | 2012-06-20 11:55 | 観察と雑感 | Comments(0)

狩の効率、斧男もやるねぇ。^^

華族の狩大会には斧男の参加はありませんでした。ま、斧ということで狩の効率ということではいまいちでは・・・ と思っていたからです。

今日、珍しく先日の狩大会の優勝候補だったシューカ(LV93、キリタンポ+8)と斧男のAlipour2(LV87、万年斧+7)の二人が一緒に拉薩で限定狩りを始めました。(CHは違えています。)
c0164916_16344538.jpg

Alipour2は予想どおりもたもたしていたのですが、ふと思いついてオート狩のセッティングを修正してみました。すると、Alipour2の倒したMOBの数がシューカを抜いたではありませんか!

両者とも武功攻撃力は10000とちょいというところでほとんど同じです。一時的なリードかと思ったけど、30分を過ぎてもAlipour2のリードが続いています。斧男の狩能力って侮れないんですねぇ。^^

よくみると斧男のアクションは大分速いですねぇ。万年斧のお陰もあるでしょうけど、やはり昔と比べると斧男の武功アクションのスピードはかなり違っているようです。Alipour2は力振りで力に250振っていて、敏捷は初期値のままです。(白文字だけの話です。)

Alipour2のオート狩セッティング
c0164916_1634583.jpg

シューカがあまりMOBのいないところでうろうろしているのが原因だろうけど、それにしてもAlipour2の頑張りはたいしたものです。40分経過、Alipour2はリードしたままです。なんだかすごく元気。w

Alipour2には次回の華族狩大会には是非参加してもらわないとね。^^

でも、どうなんだろ・・・ 60分で1000匹以上狩ることができるような気はしませんけど・・・ 意外にもできたりして。;;
[PR]

by AUelderman | 2012-06-18 16:35 | 華族 | Comments(4)

爪武功オート狩セッティング研究

敏捷系武器の代表のような爪ですが、オート狩ではなかなかスムースに動きません。;; 課題を抱えているところに限定爪が落ちたので一からオート狩セッティングを検討しています。

限定爪・・・八卦符(3強化)が再販されるまでは+3炎のままです。
c0164916_954468.jpg

限定爪を拾った志波皇女(LV81)の妹の志波神女(LV65)です。w
c0164916_9545867.jpg

現時点では、どうやら悪さをしているのは10武功の範囲武功のようなのでオート狩セッティングから外しています。
c0164916_9551128.jpg

75武功が入って来たら、下段の単一武功のところに75武功の範囲武功を入れる予定です。

なお、LV上げにはこの限定爪は使っていません。+3炎じゃ実用にならないから、ただの飾りです。w
[PR]

by AUelderman | 2012-06-14 09:55 | 観察と雑感 | Comments(0)

効率のいいオート狩セッティング(ナビア編)

華族狩大会で一位と二位になったキャラクターのオート狩セッティングです。ベストとまではいいませんが、参考にしていただければ幸いです。

双刀用・・・Leila(LV93)のオート狩セッティング
c0164916_948575.jpg

(注)ポイントは下段の左端の武功かな、上の段の左の方に置くとトラブルのもとになります。このくらいの位置だと上手く機能してくれるようです。

楽器用・・・シューカ(LV93)のオート狩セッティング
c0164916_9483719.jpg

(注)上段の右から二番目の武功がタイミングをとるための配置です、武功が出るまで無駄に待っていても仕方ないですから。これで切れ目なく武功が繰り出されるようになります。

それから、「運気行功」武功は先頭に置いてもいいのですが、それだと不発が出やすくなるようです。この二人では不発は滅多にありません。
[PR]

by AUelderman | 2012-06-12 09:48 | 観察と雑感 | Comments(0)

ステ振りの整理

1.力振り(攻撃力優先)
 攻撃力においては力振りが一番です。防御力が弱いところは体力でカバーします。もの凄く強い防具でカバーというのが最高かな。
 弱点を補うために一般防御力の高い猟師、武功防御力の高い医者、回避値の高い刺客という組合せもあるでしょう。武人だと一層特徴を強調することになるかな。
 低LVのうちに力に振ると攻撃力も防御力も弱いという困ったことになります。力振りにするのは高LVになってからにしましょう。
 相性のいい武器は打撃値・武功打撃値%の大きな武器がいいですね。斧とか琴を使うと平均的な威力は増しますが、最大ダメージを与えにくくなります。
 また、斧と琴、そして刀もそうですが、攻撃力が強い分、防御が柔らかいという問題点があります。

2.敏捷振り(防御力優先)
 防御力では敏捷振りが一番です。弱い攻撃力は攻撃速度でカバーします。敏捷系の武器はある程度敏捷に振らないと本来の攻撃速度が得られないようです。
 攻撃力の弱さが決定的な弱点ですが、反対になかなか殺されないという特徴も捨てたものではありません。特に支援用のキャラクターには最適なステ振りでしょう。
 中LVまでは上位の狩場に行けるのでLV上げが有利です。ただし、敏捷に振るのも高LVになってからでないと弱い攻撃力で苦しみます。
 敏捷振りでも強い武器に越したことはありません。攻撃面では敏捷系の武器でなくてもいいんじゃないかな。より防御力を上げるという意味では敏捷系の武器に勝るものはありません。

3.知力振り(攻撃も防御も)
 一見良さそうなステ振りですが、力振りや敏捷振りに比べれば中途半端という感じです。武功攻撃に知力が必要ですから、低・中LVではこのステ振りしかないんじゃないかな。
 体力を補うために武人という組合せはいいかも。バランスのいいステ振りですから、どの職業とでもいいんじゃないかな。
 攻撃で面白いことは、バラツキが大きいので、敵に最大のダメージを与えることもできます。反対にスカのような攻撃も出てしまいます。
 使用武器としては、武器自体が強いもの、打撃値%の大きなもの、あるいは大きな最小・最大攻撃値の付いたものがいいでしょうね。
 


どれが一番強いか?w

敏捷振りは攻撃力で劣るので対人では殺されにくいけど勝てないんじゃないかな。

力振りと知力振りとがいい勝負でしょうけど、それぞれの特性に合わせた武器・装備が関係するから、一概に比較はできません。同じ武器・装備での比較というのは無意味でしょ。

知力振りは武功防御力にもバラツキがあるから、致命打とかで先に倒さないと不利かも。大きな体力はその点安定しています。

対人の戦闘では、盾の代わりに被ダメの少ない敏捷系の武器に持ち替えて防御するという技も使えます。さらに、POT連打という技も必要でしょう。w

速い攻撃で2発連続を決めるということもできますが、強い防御力の前ではあまり効果がないようです。;;
[PR]

by AUelderman | 2012-03-26 12:09 | 観察と雑感 | Comments(2)

この辺で破王城のおさらい

各キャラクター、それに各種武器と職業で破王城に挑戦して来ました。この辺で少しおさらいをしてみたいと思います。

破王城(下級・中級・上級)に必要な防御力の目安を記録しておきましょう。これは武器・職業によって変わりますからあくまでも目安ということで。

破王城(下級):一般防御力1500くらい、武功防御力4500くらい
破王城(中級):一般防御力2000くらい、武功防御力6000くらい
破王城(上級):一般防御力2700くらい、武功防御力7700くらい

傾向としては、斧、刀、琴などの強い武器ではより防御力が必要で、爪、手裏剣などでは多少防御力が不足していても大丈夫です。印象的だったのは槍女の防御の硬いことかな。高回避値も防御力不足を補うことができます。

必要な火力も武器・職業によって違います。こちらも目安ということで。

破王城(下級):10000以上はほしいかな
破王城(中級):12000以上はほしいかも
破王城(上級):13000以上は必要でしょう

攻撃力の高い武人、それに爪や手裏剣では武功攻撃力の数値が小さくても案外いけます。弓はやってないので分かりません。;;

破王城でも一般攻撃力を上げることのできる武人は有利です。運気行功武功では一般防御力も上げることができるので一層有利です。

名医には麻痺攻撃という特別な武功がありますが、MOBを麻痺させてもMOBの回復を止めることはできないので、攻撃武功の代わりに麻痺武功を打つ分だけ狩の効率が落ちてしまいます。低LVで上の狩場に行けても、狩の効率が全然上がらないということも・・・

刺客の高回避値も有効ですが、必要な防御力に少し足りないという場合に役に立つという程度のものだと思います。

猟人は大変優れたバランスを持っているようで、低LVのうちに破王城(中級)で狩を始めたりできますが、その分早く上級に移行できるかというとそうでもなく、反対に長い間中級で狩をする羽目になりました。

破王城(中級)の経験値は火龍宮でのものの3倍もあるのでとても美味しい狩場なのですが、華族の装備ではどうしても課金面の強化雨鬼神面が必要でした。
[PR]

by AUelderman | 2012-01-10 09:20 | 狩場 | Comments(0)

護法僧の完全オート狩セッティング

現在はこれでやっています。^^
c0164916_1620227.jpg

華坊(LV77)の戦闘中ステータス
c0164916_153328.jpg

狩場は、破王城(中級)です。もちろん、完全オート狩、でも、LV98のMOBのいるところには行っていません。まだ怖い。www
[PR]

by AUelderman | 2011-12-12 15:36 | 観察と雑感 | Comments(0)

最大攻撃力を得るための最新のステ振り

やたらと強い白冰冰(LV80)なので、その理由について調べてみると昨今の強い武器には極知力振りがいいようです。

昔は、LV75で力に150振ると最大の武功攻撃力を得られるものと考えられていました。しかし、これは当時のレア武器や黒龍武器を使用した場合での話です。今の武極武器は武器自体も強く、Nでは打撃値勝りの設定になっています。

一般に武器自体が強い場合、力にはあまり振る必要がなく、反対に武器自体が弱いけど打撃値や武功打撃値%の高い武器では力に振ることで最大の武功攻撃力を得ることができます。

武器自体が強いというのは、武器自体の最小・最大攻撃とさらに真珠強化やOPによる最小・最大攻撃値でみられますが、+12武器などは+7までは真珠強化がなされていて、武器自体がかなり強くなっています。また、打撃値勝りの武器でも武器自体が強いものと同じ効果があります。

+がいくら大きくても最小・最大攻撃の値が大きくないものは、武器自体がそれほど強くないものです。神手でOP変更をして武功打撃値%を上げる場合、この問題があるので要注意です。

打撃値だけで強化することはほとんどないと思いますが、大きな打撃値を持つ武器も武器自体が強いものと同じ効果があります。これは打撃値が一般攻撃と武功攻撃との両方に寄与しているからだと考えられます。武功攻撃力は一般攻撃力と武功打撃値との掛け算で求められ、狩では一般攻撃も混ざって出現しています。

強い武器に対するステ振りについてこれまで気が付かなかったのは、低LVキャラクターに最初から強い武器を与えて来なかったためです。ところが昨今武極武器のような強い武器が登場し、そこへ真珠強化を加えたものは非常に武器自体が強くなっています。

今回、たまたま低LVキャラクターにそういう強い武器を持たせたことから、それに相応しいステ振りというものに気が付きました。

白冰冰は既にLV80ですが、これまで力には50しか振っていませんでした。侠士の刀剣キャラクター(LV80)は他に二人いて、力に150程度と110程度振っています。白冰冰はその二人よりも圧倒的に武功攻撃力が勝っています。

LV80にもなって力に振るのが50程度でいいというのは、これまでの常識では考えもしなかったことです。;; (敵に与える最大のダメージを期待する場合、バラツキの大きさを利用して意図的に極知力振りにすることはあります。PvP向けのステ振りというべきかな。)

では、LV100に強い武器を持たせた場合、力にいくら振ったらいいのか?残念ながら、まだ正確な数値を調べていません。これまで考えていたよりもかなり小さいかも知れません。;;



現在、LV81の白冰冰の力への配分は63です。どうやらこの辺りが最高の武功攻撃力になるようです。白冰冰には火龍刀+12と超強化課金服ALL+5を与えています。
c0164916_1419296.jpg

[PR]

by AUelderman | 2011-11-23 09:26 | 観察と雑感 | Comments(2)

武器の強さの評価方法

今回はおさらいです。もう既にご存知の方が多いことと思いますが、改めて武器の強さの評価方法についてまとめてみました。例として、紫河神槍+6と武極猛虎槍+5を比較してみましょう。
c0164916_957232.jpg

1.武器自体の強さ
 最初にある項目の最小攻撃力と最大攻撃力が武器自体の強さを反映したパラメータです。これは幅で示されているので、この平均をとれば武器自体の平均値が得られます。

 一般攻撃力は次の式で計算されます。

一般攻撃力=W+P+A/2

これに打撃値が付加されます。

W:武器の最小・最大攻撃力の平均値、P:力ポイント、A:LV(内功)

 そして、下の欄に最小攻撃と最大攻撃というものがありますが、これは武器に元々付加されていたものと、真珠強化などによって追加される性質の数値です。

 例では、紫河槍の最小攻撃は30、最大攻撃は35で、一方の武極槍では最小攻撃65、最大攻撃85という数値になっています。

 最小攻撃力と最小攻撃、最大攻撃力と最大攻撃を合計すると、

 紫河槍:最小攻撃力=298、最大攻撃力=374、平均=336
 武極槍:最小攻撃力=378、最大攻撃力=484、平均=431

 さあ、これで武器自体の強さの比較ができます。最小・最大の平均値が25くらいで+1活あるいは+1炎分くらいの差がありますから、武極槍は紫河槍よりも+3以上も強いといえます。


2.武功攻撃力
 武功攻撃主体の狩や戦闘でも一般攻撃力は関係ないという訳ではありません。武功攻撃力を算出する式の中に一般攻撃力の項が入っていて、これは掛け算として効いています。

武功攻撃力=一般攻撃力×(T-P-V+100+A/3)/100

これに武功打撃値などが付加されます。

P:力ポイント、T:全練成値 V:敏捷ポイント、A:LV(内功)


3.打撃値と武功打撃値
 次の項目は、打撃値と武功打撃値です。紫河槍では、打撃値5%、武功打撃値39%、合計44%になります。一方の武極槍では、打撃値21%、武功打撃値15%、合計36%となっています。

 この数値だけをみると紫河槍の方が武極槍より強そうにみえますが、厳密にはどうなんでしょう?

 これらの付加パラメータは掛け算として働くので、次のように計算してみます。

紫河槍=1.05×1.39=1.4595
武極槍=1.21×1.15=1.3915

それぞれ約46%と約39%ですから、紫河槍の方が強いですね。


4.武功攻撃力
 いよいよ武功攻撃力の比較です。前述の武器自体の強さで上記の数値を補正してみましょう。

紫河槍=1.05×1.39=1.4595 → 1.4595×336/336=1.4595
武極槍=1.21×1.15=1.3915 → 1.3915×431/336=1.7849

 このように強さは逆転します。実際には一般攻撃力には力ポイントなどが効いているのでここまでの差はでません。

 武器自体の強さの効果を半減してみると、1.7849→1.5882となり、これでもまだ武極槍の方が強いことが分かります。約8%くらいの差ですから、+1~+2分くらい武極槍の方が強いでしょう。

 例でみられるように真珠強化による武器自体の強さのアップはかなり武功攻撃力に効いています。神手でOP変更される際にはこの点に注意しないといけませんね。

 最小・最大武功攻撃力の数値については触れませんでしたが、これはそのまま足し算だし、問題ないでしょ。紫河武器が低LVでやや強いという理由ではありますけどね。

 最大攻撃力を得るためのステ振りについては別の記事を参考にしてくださいね。^^



 露店などで武器をみた場合の即断方法でもメモしておきましょうか。

1.最小・最大攻撃力(最小・最大攻撃を加えて)の平均値が25違えば+1分、50なら+2分と評価する。

2.打撃値、武功打撃値は掛け算になるけど、そのまま合計しても大きな誤差にはならないでしょう。5%違えば+1分と評価していいのではないでしょうか。

1と2とを加味すれば、おおよその比較はできると思います。

 今回の例では、武器自体の強さで武極槍が+3くらい強くて、打撃値と武功打撃値では紫河槍が8%大きいので約+1.5分くらい強い、相殺すれば、武極槍の方が+1.5くらい強いと評価できます。
[PR]

by Auelderman | 2011-07-28 09:55 | 観察と雑感 | Comments(2)

武器種類別スペック比較グラフ

シカ武器を代表として武器の種類別スペックを見やすいようにグラフにしてみました。

赤紫の幅が最小・最大攻撃の幅を示しています。赤紫の棒グラフの左端が最小攻撃、右端が最大攻撃ということです。
c0164916_438324.jpg

最大攻撃に注目するか、最小攻撃の大きさを重視するか、違いが分かってなかなか面白いですね。
[PR]

by AUelderman | 2010-09-09 04:38 | 武器 | Comments(0)