タグ:ステ振り ( 187 ) タグの人気記事

外形変更、今度は毒爪

毒爪(奪命毒爪)も実戦では使ったことがないので、外形変更して新規キャラクターに持たせてみました。
c0164916_1444544.jpg

元の武器は、もちろんガチャ武器(あの亀のやつです。w)で+4他活活活です。命中値+150はありがたいですからね。




LV上げをやっていると次第にその気になってしまい、できるだけいい装備を与えてしまいます。w

今回は面白いことにもう敏捷には振らないだろうと思っていたのが、爪武器では案外そうでもないという感触を得ました。つまり、変身書を使うと爪や手裏剣武器の場合、武功攻撃の回転が遅いのが気になってしまうので、しばらくは破王城(中級)だろうと思い、敏捷に振ってみたくなりました。

LV63ステータス
c0164916_2036569.jpg

後でステ振りは戻すかも知れませんが、とりあえずは敏捷に振ってみようと思っています。変身書を使わなければ敏捷に振る必要もないと思うのですが・・・どうなんでしょうねぇ?

それにしても、このキャラクター、どんどんLVが上がってしまいます。直ぐにLV80になってしまう・・・ こんなはずじゃなかったのになぁ・・・;;


★おまけ

華侠(LV177)の外観・・・黒檀鎧を装備していますが、外観は黒龍鎧です。^^
c0164916_14232965.jpg

[PR]

by AUelderman | 2013-04-27 14:43 | ファッション | Comments(4)

アプデ後の敏捷振り

アップデート後、敏捷振りの医人たちは命中値を失い、悲惨な状態です。命中値を上げるために力に振りたくても既に敏捷に201も振っているのですからどうしようもありません。防御が硬いだけの支援キャラクターでしかないのかな。;;

それならばアプデ後の敏捷振りのあり方を考えてみました。もちろん、攻撃力がなければ話になりません。

そこで登場したのが黒侠の村上佳菜子(LV90)です。刺客は職業柄、命中値と回避値は確保されていますから、それを敏捷振りにしてみようというものです。LV90なら少しは力にも振れるでしょう。
c0164916_11301250.jpg

英雄剣+6炎・・・敏捷振りでしか使えない武器です。
c0164916_11302219.jpg

ステータス
c0164916_11303384.jpg

このステータスで氷天魔后に挑戦してみました。攻撃力も防御力も状態防御も足りませんが・・・ 1380という大きな回避値と速い攻撃に賭けてみましょう。

はは、やっつけた。^^
c0164916_11304370.jpg

こういうキャラクターもあるってことで・・・ 英雄博物館ですから。w
[PR]

by AUelderman | 2013-04-08 11:31 | 観察と雑感 | Comments(0)

元気キャラクターと困惑キャラクター

アップデート後の各キャラクターの様子、いろいろあって面白いです。w

何と言っても一番元気なのは力振りキャラクター、もともとの攻撃力にプラスαですから元気な訳です。78双刀を持たせようと育成していた妾華(LV84)が中でも一番元気みたい・・・ 丁度双刀の75武功書をゲットできたのでますます元気です。先日、限定手裏剣を拾った褒美かな。w

一番困っているのが低LVで紫河武器を使っているキャラクターたちです。武功攻撃しても"miss"ばかり、これでは狩になりません。;;

敏捷振りのキャラクターもだめです。力に全然振っていないので、こちらも空振りばかり。><

華族では、LV90以上の高LVキャラクターには積極的に力に振っているので、そちらにはほとんど影響は出ていません。

LV50あたりで育成中のキャラクターは限定武器か武極武器を使わないと狩にならないんじゃないかな。刺客なら命中値が高いから問題はないけど武人に比べれば攻撃力弱いしねぇ・・・

華族では先日、発想の転換をしたので高LVが紫河武器を使っています。ですから、力にも振っているのでほとんど影響はありませんでした。

ともあれ、130人もいるキャラクターの全員をチェックするのは大変、まだ見落としがあるかも。;;
[PR]

by AUelderman | 2013-04-04 14:52 | 華族 | Comments(6)

命中値の効果?!

今日のメンテナンスで命中値の設定に変更がありました。これまでは敏捷ポイントに関係していたものを改め、力ポイントに関係付けられました。つまり、力振りのキャラクターの攻撃力の向上が望めそうです。

華族には力振りのキャラクターが何人もいます。それらには力ポイントで使用制限のある78武器を持たせています。それらの狩の様子を観察してみました。

気が付いたこと;

1.クリティカルの出現なのか、これまでみたことのないような大きなダメージを与えることがあります。命中値が一般攻撃力に関係しているからなのでしょうか。普段は15000くらいなのに24000とかでまるで致命打が出たかのようです。

2.これまであまり気にならなかったことですが、武功攻撃なのに黄文字で"miss"って表示されることがあります。敵からのは赤文字ですからこちらからの攻撃のものに間違いありません。これまでは武功攻撃で"miss"ってのはなかったような・・・

3.MOBに与えるダメージは上記以外には大きな変化はないようですが、平均的にやや増加したように感じます。

限定武器や武極武器のような武器そのものに致命打がついている武器のケースについてはまだ観察していません。クリティカルと致命打が重なると大きなダメージを与えるのがみられるでしょうか?

今回の観察では、78斧+6炎、78刀+6炎、78槍+6炎、それに78双刀+6を対象としました。キャラクターはLV88~LV95です。




華族の転生キャラクターにも力振りのものはおります。まだ観察していませんが、同じような効果があるんじゃないかと思います。





今回の変更による弊害について

命中値が力ポイントに移ったことにより、力振りでは攻撃力アップという楽しみができましたが、反対に敏捷振りの被害が甚大です。;;

こうなっては、運営は敏捷振りを諦めて、知力振りと力振りとの二分化を考えてるのではないかと思えて来ます。

実際、敏捷振りキャラクターでは、命中値が低下したため武功攻撃での空振りが目立つようになりました。

運営をみていると、敏捷振りの攻撃速度の向上というように敏捷振りにも力を入れているのかと思ったのですが、これではもはや普通のステ振りとしての敏捷振りは単純に変身書を使ったときの武功攻撃の回転速度の向上という目的しか使えないかも知れません。今回の変更で、敏捷に振るとこれまで以上の攻撃力の低下を招いてしまいます。

個人的には、力ポイントに命中値を関係付けるのには反対しませんが、敏捷ポイントのものはそのまま残せば良かったものを・・・ と思ってしまいます。

逆に考えると、敏捷振りによる武功攻撃の回転速度の向上があまりにも効果的過ぎて、つまりLV上げに大き過ぎる貢献をしてしまうと考えたのでしょうかねぇ・・・

でも、今回の変更で、爪、手裏剣、弓を使うキャラクター、いったいどうしたらいいんでしょう・・・ 射程が長いというのが唯一の長所になってしまったかも・・・;;

[PR]

by AUelderman | 2013-04-03 13:50 | 観察と雑感 | Comments(2)

敏捷に振り過ぎの例

DianaKrall(LV89)はナビア・マスターでナビア用のすべての武器を使用できます。使用制限のついた78琴、78双刀、78槌のどれもを使うことができます。つまり、力に135以上、敏捷に90以上振っているというものです。

このDianaKrallは検証のため力に210、敏捷に150も振ってみた実験キャラクターです。それだけ知力(386しかない。)が弱くなっているので攻撃力に若干問題があります。でも、実用にならないというほどではありません。

ステータス・・・「運気行功」武功使用中
c0164916_1211177.jpg

では、実際の狩ではどうなるのか・・・ 攻撃の回転速度を上げるためのステ振りですから変身書使用は必須です。

丹青寿がピョンピョンと高速で飛び跳ねているのでその姿からは何の武器を使っているのか不思議に思われることと思います。w

もちろん、攻撃速度の遅い琴を持たせています。現在は武極琴+6炎です。知力振りなら武功攻撃力は1万近くてもいいくらいのはずですが、8000にも達していません。;;

で、武功攻撃の回転がどのくらい速いかというと、10武功と25武功の範囲武功、それぞれ待機時間が4秒、5秒なのですが、これらを登録しているのにもかかわらず、武功攻撃が少しの間お休みしてしまうことがあります。

つまり、9個登録してある武功の全部が待機中になってしまっているということ・・・ いかに攻撃が速いか想像できますか?w

ですから、ここまで速くなくてもいい・・・ つまり敏捷に振り過ぎたといえると思います。個人的には、攻撃力を犠牲にする敏捷振りですから、敏捷値には90も振れば十分ではないかと考えています。
[PR]

by AUelderman | 2013-04-02 12:02 | 観察と雑感 | Comments(0)

敏捷振り・・・手裏剣の場合

敏捷に200も振るというのですから敏捷振りというのは大きく攻撃力を犠牲にしています。LV差で言えば、15LVくらいの練功値を使っていることになるでしょうか。

知力振りでは攻撃力だけでなく同時に武功防御力をも引き上げることができます。しかし、敏捷振りでは防御力もアップするとはいえ、知力振りの武功防御力には敵いません。

敏捷振りの有利なのは一般防御力と攻撃速度、命中値と回避値の向上くらいなものでしょうか。

LV80くらいで敏捷振りと知力振りとの攻撃力の違いをみてみましょう。

敏捷振りステータス
c0164916_23031.jpg

知力振りステータス
c0164916_2301290.jpg

上記二者は1LV違いますが、それにしても攻撃力の差は歴然としています。これでは敏捷振りにする意味はなさそう・・・ でも、さらに高LVになれば敏捷に振った200は相対的に小さくなるので攻撃力の差は縮まりそうです。

一般の狩場で様子をみてみると、変身書を使った狩では、拉薩のようにMOBがパラパラとしかいない場所では敏捷振りの武功攻撃の速さはほとんど活かされません。MOBをみつけて移動する時間があるので知力振りでも問題はないようです。

それから手裏剣は射程距離が長いためMOBに届くまで待機時間が出てしまい、これでは敏捷振りのせっかくの武功攻撃の高速回転が損なわれてしまいます。

破王城のようにMOBの体力が大きくてたくさんいるような場所とか、ボス退治とかだと敏捷振りの武功攻撃の回転の速さは光るんですけどねぇ。

LV上げを最優先とするなら敏捷振りは破王城に合わせた最適なステ振りかも知れません。

でも、そのまま転生したら・・・ 転生後の武功の種類は少ないので未転生のときのようにいくのかどうか・・・ 敏捷振りの転生キャラクターで調べてみないと・・・
[PR]

by AUelderman | 2013-03-29 02:31 | 観察と雑感 | Comments(2)

敏捷系の武器には敏捷振り

前回の爪と同様のことを手裏剣でもやっています。使用制限のない敏捷系の武器でもやはり敏捷振りがいいようです。当初からそのように設計されていたのでしょう。

しかし、対人での戦いということもあり、大勢は攻撃力の大きな武器に知力振りということになってしまいました。

攻撃速度の表示が出るようになったときに攻撃速度が少し攻撃力に寄与するように変更されたようで、ようやく今になってその効果が確認できたようです。

志波鬼女のステータス・・・強い手裏剣がないのでなかなか破王城に行けません。;;
c0164916_0521987.jpg

元々は手裏剣の武功の繰り出しが遅いのでなかなか好きになれなかったのですが、どうやらこれは知力振りというステ振りに原因があったようです。

現在、知力振りで変身書を使うと爪や手裏剣ではかなりかったるい武功攻撃になってしまいます。昔はそうではなかったような気がしているのですが・・・

ともあれ、今は変身書を使うと敏捷振りの効果が明確に分かります。

手裏剣キャラクターでは、力に20振り、その後は敏捷値と知力値の比率を1:2にしています。敏捷値が201になったらその後は知力に振って行きます。さらにLVが上がれば攻撃力を上げるために力に振ることになりそうです。

結論として、敏捷系の武器の場合、敏捷に振ってもそれほど攻撃力が落ちず、むしろスムースな武功攻撃の繰り出しで狩の効率は上がると思います。

ただし、棒はちょっと違うような気がします。もともとスムースな攻撃ができるのでこちらは被ダメージが小さいということでいいのではないかと・・・ 弓についてはまだ分かりません。近々やってみましょう。
[PR]

by AUelderman | 2013-03-28 00:53 | 観察と雑感 | Comments(0)

再び敏捷振りの検討

爪と手裏剣で特に感じるのですが、変身書を使うと武功攻撃の回転が遅くて、いっそ変身書を使わない方がいいと感じてしまいます。敏捷系の武器ですから武功攻撃の回転が速いのが当たり前なのに・・・

そこで気になっていたのが攻撃速度です。普通の武器と敏捷系の武器とではかなり違った攻撃速度の数値が示されていますが、これはいったいどういう意味なのでしょうか?普通の武器では攻撃速度は150%くらい、それに対して敏捷系の武器では110%くらいです。

変身書はこの数値を反映しているのかも知れないと考え、ならばこれまでになかった武人で敏捷振りのキャラクターを作って調べてみようと思いました。

目標は、力は20に止めて、敏捷に200、残りを知力としました。敏捷200というのは敏捷系の武器である78爪または78棒の使用制限の敏捷201を参考にしたものです。

育成しているキャラクターは現在まだLV68です。敏捷値は185にまで達しています。攻撃速度に関しては緑文字は反映されず、白文字だけで決まっているようです。

ステータス・・・「運気行功」武功使用中、力は20なのですが、装備のせいで80という数値になっています。
c0164916_17384771.jpg

これまでの印象では、敏捷に振っているお陰でしょう、変身書はかったるさを感じさせないでスムースに機能しているようです。

肝心なことは敏捷に振ったせいで攻撃力がどのくらい犠牲になっているかということです。このステータスで破王城(中級)のLV94のMOBで問題ありませんから、攻撃力は損なわれていないような気がします。

使用制限のない敏捷系の武器、それなら敏捷に振らなくていいと考えるのか、やはり敏捷に振って能力を活かすべきと考えるのか・・・ いまだによく分からないことです。;;




LV70になったので破王城(上級)に移動させてみました。武功攻撃力11000程度ではちょっと心配です。;;
c0164916_17541080.jpg

大丈夫のようです。回復されて狩にならないかと思いましたが、どうやらそうでもないようで・・・ LV90のMOB相手では効率よく狩をしています。
[PR]

by AUelderman | 2013-03-27 17:39 | 観察と雑感 | Comments(0)

力振りの実力

陰陽五行道システムのお陰で力振りキャラクターにも光が見えてきたような・・・ 

華族には力振りキャラクターが何人かいます。刀ではみゅうか(LV93)、斧ではAlipour2(LV88)、槍では瀟華(LV95)、双刀では三宅雪子(LV94)と妾華(LV81)などです。

華族では基本的に力振りキャラクターには78武器+6炎を持たせています。力振りでないと持てない武器ですからね。78琴+6炎もありますが、これは使用キャラクターが力にも敏捷にも振っているので今回のテーマからは外れます。

今回様子をみる武器は、強化黒龍刀+8です。もともと+8活という武器をOP変更したものでそれなりに強い武器になっています。
c0164916_10443395.jpg

装備もドーピングも違う二人のキャラクターのステータスを掲げます。攻撃力の数値を直接比較できませんが、それにしても力振りのみゅうかの攻撃力がすごいと思います。どちらも陰陽五行道の珠は使用していません。

力振りのステータス・・・装備にはすべて攻撃力アップの血功強化が施されています。
c0164916_1044544.jpg

知力振りのステータス・・・装備にはすべて攻撃力アップの血功強化が施されています。
c0164916_10442096.jpg

こうなんですが、みゅうかは普段78刀+6炎を使用しています。拉薩なら十分です。
[PR]

by AUElderman | 2013-03-23 10:45 | 観察と雑感 | Comments(0)

武器とステ振りのと関係

久し振りにステ振りをテーマにした比較です。今回は武器とステ振りとの関係を調べてみました。対象にした武器は強化限定斧+6と万年斧+7です。
c0164916_94847100.jpg

この二つの武器は対照的なスペックを持っています。強化限定斧は武器自体が強いけど打撃値・武功打撃値は52%とそれほど大きくありません。一方の万年斧は神手でOP変更されているので真珠強化がほとんど残っていません。結果、武器自体は限定斧より弱いけど打撃値・武功打撃値%は68%になっています。

まず、知力振りで比較してみます。

強化限定斧
c0164916_9485939.jpg

万年斧
c0164916_949963.jpg

あまり違いはありませんが、知力振りでは武器自体が強い強化限定斧を持たせたくなります。なお、これだけ武功防御力があっても破王城(上級)ではノーダメージという訳にはいきません。;;


次に、力振りでの比較です。

強化限定斧
c0164916_949222.jpg

万年斧
c0164916_9493313.jpg

こちらも大きな差はありませんが、力振りでは万年斧でもよさそうです。力振りでは武功防御力が小さいと心配な方がいらっしゃるかも知れませんが、力振りでは大きな体力があるので簡単には貫通しないのでそれほど問題にはなりません。体力回復は必要になりますけどね。

どちらでもいいような感じもしますが、反対にするとせっかくの武器の能力が活かせないと思います。真珠強化で武器自体が強くなっている場合は知力振りが向いているといえると思います。

それから、力振りは低LVでは防御力不足で困ることがありますが、今では防具やアクセサリで防御力を上げることができますから十分楽しめるステ振りだと思います。

あ、それから相手に最大のダメージを与えることのできるのは知力振りの方です。力振りでは最大は抑えられてしまいますが、平均的には大きなダメージを与えることができます。どちらを優先するかの問題です。

(注)二人のキャラクター、ドーピングが違うので数値をそのまま比較するのは適切ではありません。力振りキャラクターの方がドーピングが大きいので要注意です。
[PR]

by AUelderman | 2012-12-06 09:51 | 観察と雑感 | Comments(0)